登記されていないことの証明書の取り方

建設業許可の取得にあたっては、欠格事由である成年被後見人、被保佐人でないことの証明として、登記されていないことの証明書が必要となります。

その取得の方法としては、直接法務局に赴いて取得する方法と、郵送による方法とがあります。

法務局で取得する方法

都道府県の法務局へ直接赴いて取得する方法です。

ただし、取り扱いがあるのは本局に限られます。

茨城県の場合、水戸の本局が取り扱い窓口となります。

申請書は法務局に備え付けてありますし、ダウンロードすることもできます。

申請書の様式、代理人による申請の場合の詳細等について

→水戸法務局公式サイト

手数料

300円です。

印紙を購入し申請書に貼付します。

印紙は法務局内で購入できます。

郵送で取得する方法

取り扱いは東京法務局のみとなります。

東京法務局へ申請書、返信用封筒等を郵送して請求します。

この場合、郵送から証明書の取得まで、約1週間から10日程度かかります。

申請書の様式、代理人による申請の場合の詳細、返信用封筒等について

→東京法務局公式サイト