建設業許可取得の要件の1つとして、請負契約に関して不正または不誠実な行為をする恐れがないことが必要とされています。

不正・不誠実な行為とは

不正な行為とは、請負契約の締結または履行に際して、詐欺、脅迫、横領等の違法行為を指します。

不誠実な行為とは、工事内容、工期などについて請負契約に違反する行為を指します。

判断の対象は

法人の場合

許可を受けようとする者が法人の場合は、その法人、役員、支店長、営業所長が対象となります。

これらの者が請負契約に関して不正または不誠実な行為をする恐れが明らかでないことが必要となります。

個人の場合

許可を受けようとする者が個人の場合は、その個人事業主または支配人が対象となります。

注意点

建設業法、建築士法、宅地建物取引業法等で、「不正」または「不誠実な行為」を行ったことにより免許の取り消し処分を受け、あるいは営業の停止などの処分を受けて5年を経過しない者は、誠実性のない物として使われます。