建設業許可取得のためには、人的要件として、経営管理業務の責任者や専任技術者がいることが必要です。

経営業務の管理責任者

経営業務の管理責任者となるためには、建設業について5年以上の経営経験があることが必要です

経営経験の代表的なものは、個人事業主、会社役員です。

⇒経営業務の管理責任者

専任技術者

専任技術者となりうる資格は、一定の国家資格、指定学科卒業+実務経験、10年の実務経験が代表的なものです。

⇒専任技術者

上記の資格者がいない場合、許可を取得することはできません。

その場合の対処としては、以下のようなものが挙げられます。

有資格者を招聘する

経営業務の管理責任者の場合

許可取得希望者自身に5年以上の経営経験がない場合、これを有する人材を招聘することが考えられます。

法人であれば、経営経験のある人を役員として招聘することができます。

個人事業主の場合も、法人を設立した上で役員として招聘する方法がとられることが多いです。

また、法人は設立せずに支配人として就任する方法も考えられます(登記が必要です)。

専任技術者の場合

許可取得希望者自身に専任技術者の資格がない場合、頑張って資格を取得することが挙げられます。

しかし、仕事をしながら改めて資格を取得することは難しいことが少なくありません。

そこで、やはり有資格者を招聘することが考えられます。

専任技術者については、役員であることは必要ありませんので、役員として招聘するほか、従業員として入ってもらうこともできます。

待つ

経営経験や実務経験が足りない場合、要件の年数に達するまで事業を営みながら待つという方法がとられることも少なからずあります。